​召し上がり方

How to eat

雪室栗を美味しく召し上がるには

雪室栗は生栗の状態でみなさまにお届けします。

生のためそのままでは食べることができません。食べるためには調理をする必要があります。

栗を調理するにはいくつかの方法がありますが、わたしたちがおすすめしたいのはこちらです。

焼き栗

雪室栗はシンプルに素材そのままを味わって
いただくのがおすすめです。

素材を味わう最適な調理の仕方、それは焼き栗です。

雪室栗はでんぷんの糖化により甘くなるだけではなく、

食感が新栗よりも「ねっとり」した感じになります。

​そのねっとりした栗を焼くことで、まるで天然の

​マロングラッセのような味わいになるのです!

1/4
蒸し栗

次におすすめなのは蒸し栗です。

1.蒸し器に水を張り沸騰したら1分仮蒸しします。
  火を止め10分そのままにします。
  (これによりアミラーゼを活性化させます)

2.次に50~60分じっくり蒸します(本蒸し)。

3.火を止め、そのまま粗熱が冷めるまで待ちます。

4.  栗を真っ二つに割り、スプーンですくってお召し

   上がりください。栗本来の味わいがお楽しみいた

  だけます。

素揚げ

素揚げした雪室栗に塩をパラリっとふりかければ、

ビールやワイン、そして日本酒にもばっちりの素敵なおつまみになります。

1. 栗の鬼皮(外側の堅い皮)を剥きます。

2. 渋皮はスジなど大きなものを取り除く。

  渋皮のアク抜きは必要ありません。

3. 渋皮がついたまま、厚さ5ミリくらいにスライスする。

  厚さはお好みで。(厚めにスライスするとホクホクに、

 薄めだとパリパリになります。)

4. 揚げ油やサラダ油170度前後で、渋皮つきのスライスした栗を

 素揚げします。

5. 塩を少々ふって、お食べください。

 

栗の甘みと渋皮の少し残った渋みがお酒に合うと思います。

また、渋皮のポリフェノールも摂取することができます。

bana iLocal.png
bana INF.png
bana 越後雪室屋.png
bana イントリーグ.png
bana 栗のなりわい研究社.png
bana heisei.png